« 利用度に比例した停車率ダイヤ | トップページ | トップに歯止めをかける権威づけ »

2017年6月27日 (火曜日)

ネットで弁護士を探した際に失敗しがちなポイント

知り合いに弁護士がいないから、とりあえず弁護士会に相談へ・・という時代では今はなく、自分でネットの評判を頼りに弁護士を探す人が増えています。この事自体は間違ったことではありません。
しかし、ネットで評判が良いからと選んだ弁護士に依頼したら想定と違った、という話もよく聞きます。よくある失敗例はコミュニケーションとお金です。
ネットで評判が良いということは、それなりに仕事に恵まれていて、忙しい弁護士だということです。そのため、事情聴取がおろそかになっているケースがしばしば問題視されています。
相談者の話を親身に聞いてはくれる。しかし、相談者の話した内容から当然、掘り下げて聞いておくべきことに踏み込まずに、単純に相談者の話した内容をまとめて、事件処理にあたる。その後、新事実が発覚して、弁護士が相談者に対して「何でこの事を話してくれなかったのか」と怒るケースです。
弁護士は事情を知らないので、相談者がしっかり事件の概要を弁護士に伝える必要がありますが、相談者は法律や紛争には詳しくなく、弁護士が、経験に基づいて、将来問題になりそうな事を主導的に聞き出す必要があります。しかし、忙しい弁護士の中にはこれを怠り、後から出てきた新事情について相談者に責任を押し付けるトラブルがしばしば報告されています。
次の問題はお金。忙しい弁護士は弁護士費用も強気で、高額請求してきます。難しい事件をきちんとやってくれるならば、「安かろう、悪かろう」よりもよいでしょうが、誰でもこなせる簡単な事件では、下手に広告を出している事務所に依頼すると、他の事務所に依頼するよりもその広告料が弁護士費用にオンされるかたちになるのです。
というわけで、ネットでの評判を頼りに「いいな」と思った弁護士に相談しても、あまりきちんと話をきいてくれないとか、やたらと費用が高い場合は、相談料が無駄になっても、一度落ち着いて、より良い弁護士を探し直した方がよいでしょう。
忙しい弁護士には、それなりに実力の裏付けはあるのですが、それゆえにコミュニケーションの密度や費用面で問題が生じがちです。ネットでの評判だけに注目するのではなく、その弁護士に自分の大切な案件を信頼して託せるかどうかを丁寧に検討することをお勧めいたします。

|

« 利用度に比例した停車率ダイヤ | トップページ | トップに歯止めをかける権威づけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットで弁護士を探した際に失敗しがちなポイント:

« 利用度に比例した停車率ダイヤ | トップページ | トップに歯止めをかける権威づけ »