« セレブタウンの豪華な遊具 | トップページ | 痴漢を疑われたら逃げろ、とは誰が言い出した? »

2017年5月29日 (月曜日)

多忙な弁護士・弁理士がどうして体脂肪率一桁を達成したか

春先から9年ぶりにジムに通って体作りを再開しました。再開したときの体脂肪率は14.8%。そして2か月後がこれ↓
S_img_1729
なんと、体脂肪率一桁に達してしまいました。部位別を見てもほぼまんべんなく脂肪を落とせています。基礎代謝なんか突き出してしまってます。
S_img_1728
私がこの2か月やったのは、以下の4日ローテーションです。
1日目:ベンチプレス・ショルダープレスを中心とした上半身ウェート30分+ジョギング30分+腹筋250回
2日目:ラットマシン・ロープリーなど背中系のマシン中心のトレーニング30分+ジョギング30分+腹筋250回
3日目:スクワット中心の下半身ウェート30分+腹筋250回
4日目:ジョギング30分+腹筋250回
これをひたすら4日サイクルで回しただけです。
食事ですが、朝と昼はあまり考えず、夜は「ほぼ完全」糖質オフ。揚げ物の衣と寿司のシャリのみ例外で、そのほかは一切の妥協なく糖質を摂りません。
そして4日目以外はトレーニングの前または後にプロテイン+アクエリアス。私が使っているのは吸収重視でこれ↓
S_img_1730
地道にやっていれば必ず成果が出ると確信していましたが、予想以上の成果に驚いています。今後は脂肪をあまり増やさずに、筋肉を増やしていく方向でトレーニングを積んでいきます。

|

« セレブタウンの豪華な遊具 | トップページ | 痴漢を疑われたら逃げろ、とは誰が言い出した? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多忙な弁護士・弁理士がどうして体脂肪率一桁を達成したか:

« セレブタウンの豪華な遊具 | トップページ | 痴漢を疑われたら逃げろ、とは誰が言い出した? »