« 痴漢を疑われたら逃げろ、とは誰が言い出した? | トップページ | What we could do past will be able to do it again easily. »

2017年5月31日 (水曜日)

個人レベルから周囲を巻き込む仕事への脱皮の補助

組織に入った新人は、多くの場合、個人レベルで完遂可能な簡単な仕事から任されて経験と信頼を積み重ねていきます。こうした仕事は個人レベルで解決可能なので、できる人はすいすいできるようになっていきます。
しかし、組織として成長していくためには、新しいつながりを次から次へと構築していく必要があります。すなわち、組織外部の人間の巻き込みです。これが苦手な人は多いです。
たとえば、路上でのチラシ配布や、電話での営業勧誘などは、どのような組織でも行う可能性があります。入ったばかりの新人の仕事として割り振るケースもあれば、基本的な仕事ができるゆになり、幹部に取り立てていく過程で任せるケースもあるでしょう。
ところが、こうした人の巻き込みの仕事になると急にやる気をなくし、「自分はこんな仕事をするために入ったのではない」「こういう仕事は営業がやっていればいいんだ」などと言い出すメンバーが出てくるのはどこの組織にもあることでしょう。
もちろん、このように、新しく人を巻き込む活動は組織の成長に不可欠なので、こうした活動ができない人が組織の中で昇進できるはずがありません。このような考えを持つこと自体、組織の中で頑張っていく事の意味を誤解しています。
しかし、個人レベルで解決できる仕事を順調にこなしてきて、いきなりこうした活動に回されるとビックリするのも事実。この問題を解決するためには、上司が、部下に、折に触れて新しい人を巻き込むことの重要性を説明し意識づけしていくことが大事です。
黙って待っていて仕事だけやってくるのはこれからの時代、公務員と、なり手が少ない重労働くらい。どんな組織も成長していくためには、メンバー一丸で新しい人の巻き込みを頑張る必要があります。
この意識が低く、また苦手な人が増えつつある現代社会では、新人教育として、仕事のスキルだけでなく、新しい人との接点を開拓し広げていくことの重要性の意識づけをしていくことがますます大事になっていくでしょう。

|

« 痴漢を疑われたら逃げろ、とは誰が言い出した? | トップページ | What we could do past will be able to do it again easily. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人レベルから周囲を巻き込む仕事への脱皮の補助:

« 痴漢を疑われたら逃げろ、とは誰が言い出した? | トップページ | What we could do past will be able to do it again easily. »