« 事実でも証明は難しい | トップページ | Visualised calories »

2017年4月12日 (水曜日)

時間の有効活用

組織が成長するためにはそのための資源である時間や予算をうまく活用する必要があります。
このうち、予算については通常、トップマネジメントの判断となり、それ以外の人は与えられた予算に従うか、定められた使途の範囲内でわずかな裁量をもってこれを使用できるかのいずれかになるでしょう。
これに対して、時間は各自にその使途の裁量が与えられており、これをいかに有効活用するかが組織の成長に不可欠な要素となります。
たとえば、法に抵触することなく、残業手当の出ない職場があったとします。こうした職場では、残業手当が出ないため時間にルーズになり、「今やる気が出ないから夜やればよいや」と目の前の時間を必死に生かそうという空気がなくなります。
その結果、個々の仕事の納期は守れていても全体的に遅れがちになり、やがてボトルネックが生じたり、決裁者に過度の時間的負担がかかったりして組織の活動に支障を生じがちです。
活用すべきは組織として有限の資源である組織の時間。これを有効活用するためには、普通は部下が上司のタイムスケジュールを見て上司の負担を減らすよう活動すべきです。
ただし、単純に上司優先というわけではなく、部下が優秀で多忙な場合、部下のタイムスケジュールにボトルネックが生じるとまずい場面があるため、忙しい人を優先した時間の活用が必要です。
残業手当の発生しない管理職と、残業手当の発生する平社員、通常は前者優先のタイムスケジュールを組むべきですが、管理職が、自分は忙しいのだと常に仕事が納期ギリギリで、平社員の多大な残業を強いるようでは、この組織は人のつながりとしても、コスト面でも成長は難しいでしょう。
組織の中では、自分の仕事をこなすだけでなく、忙しい人やコスト効率の良い人が時間を無駄なく使えるよう、それ以外の人はこうした人たちをたてることも大事です。
私は、(私自身はあまりしないものの)、与えられた仕事に差し支えがない限り、業務時間中のちょっとした私語や、喫煙所での喫煙、私的通信は構わないと思うのですが、本当にそのちょっとした時間が、忙しい人に負担を増すものではないか考えてから行うことが組織として発展していくために不可欠だとも思います。

|

« 事実でも証明は難しい | トップページ | Visualised calories »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間の有効活用:

« 事実でも証明は難しい | トップページ | Visualised calories »