« 不足を前提に組み立てる | トップページ | フェアの最低限を見極める »

2017年2月14日 (火曜日)

振り込んだお金は返ってこない

貸したお金は自動的に返ってくる。そんな世の中なら人は無利子で気軽にお金を貸すことができるでしょう。しかし、現実はそうはいきません。返せずに破産したり減額を求められたり、全額返金はしてもらえたがその返済を求めるために余計な時間や費用を要するケースが多いのが実情です。
貸したお金は全額返ってこない、その可能性をふまえて、他人にお金を貸さなければいけません。
返すべき借金でこれですから、そうでない、より返済義務度の低い金銭授受についてはもっと慎重であるべきです。特に、口座振替などで送金したお金は任意には返金されないとの前提で、いかにその送金の対価を回収するかしっかりビジョンを持つことが必要です。
たとえば、デポジットを入れた後、その本サービスを受けずにキャンセルしてデポジットを返してもらいたい場合でも、相手は何かと理由をつけてなかなかその金銭を返してくれない場合があります。
返金してもらう正当な理由があっても相手が雲隠れすればもどってきません。いわゆる振り込め詐欺には、誰もがいつ巻き込まれてもおかしくありません。その際には、支払った金銭を相手から返してもらえる可能性は極めて低く、お金を振り込む時点で、お金を支払う理由がきちんとあり、その目的を果たすことにより支出の対価が回収できるかどうかで払うか払わないか決めるべきです。
私はこのような視点で出金の是非を判断しますので、とても財布の蓋は硬いです。
そう思うと油断が生じるので、あまり思わないようにしまうが、お金を振り込む際には、それはもう返ってこない可能性が高いことを前提に、きちんと対価を回収できるかを見極めて判断することが重要です。

|

« 不足を前提に組み立てる | トップページ | フェアの最低限を見極める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 振り込んだお金は返ってこない:

« 不足を前提に組み立てる | トップページ | フェアの最低限を見極める »