« 契約書はこちらで作成するか、先方に作成してもらうか | トップページ | Diminution of Nenga-letter »

2017年1月11日 (水曜日)

脱落者のやる気を喚起する

組織として成長していくためには、メンバーの入れ替えは不可欠。そのため、どうしても一定時間経過すると出世コースから外れたり、上司から評価されないなどにより、いつやめてもらっても構わない人が出てきます。
また、そこまでいかなくても、活動に対する積極性を失い、受動的な指示待ちになったり、パターン化された活動をただ機械的にこなして1日を終わる人も出てきます。
将来的にこうした人たちの入れ替えが避けられないと予測されても、今、現在組織の一員である以上は、そうした人たちのやる気を喚起し、精一杯の活動を促すことが組織の成果と成長、さらにそうした方々の次のステップへの成長のために有益です。
では、そのためにどういう事を心掛ければよいでしょうか。よくあるケースは、上司、できればトップが、そうした人にも笑顔で積極的に接することです。そうすることで、上司が目をかけてくれていると感じ、やる気を喚起させているリーダーをよく見かけます。
逆にまずいのは、そうした積極性のない人に対する無視・軽視。特に「見下された」と思われると、その人はさらに組織に対する忠誠心を失い、さらに積極性をなくし、結果的に組織の得られた成果を失うことにつながります。
能力の高い人、成果をあげた人をきちんと評価することは大事ですが、こうした人だけを重宝し、そうでない人は切り捨てるという考えは、組織の成長につながりません。
最終的に人は入れ替えていくことが予定されていたとしても、今いるメンバー全員を大切にし、全員でより高みを目指していくという意識が、特に組織のトップ層に必要なのです。

|

« 契約書はこちらで作成するか、先方に作成してもらうか | トップページ | Diminution of Nenga-letter »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱落者のやる気を喚起する:

« 契約書はこちらで作成するか、先方に作成してもらうか | トップページ | Diminution of Nenga-letter »