« For richer life | トップページ | がむしゃらな気持ちを合理的な気持ちに »

2017年1月 6日 (金曜日)

逆転はなぜ起きるのか

順調に物事を進めていても、どうしても相手のある話、相手が先行し、苦しい立場におかれることがあります。この場合、「相手の努力量が上回ったのだから仕方ない、次のステージで挽回しよう」と考えられればよいのですが、どうしても負けられない戦いは、そう簡単に逆転を明まられませんし、諦めるべきでもありません。このような場合、いかに逆転するかという視点が重要になります。
とはいえ、机上の空論を検討してもあまり意味がないので、実際の逆転事案を自分なりに分析して、不利な状況からどう逆転に持ち込むか、その方法論のデータベースを構築していければと思います。
しかし、そもそも負けられない戦いであるなら不利な状況に持ち込まないことの方が重要。かに先行してシナリオ通りに話を進めるかもきちんと意識しなければいけません。その点で、弱者の側が先行して勝ち切った事案も分析して、いかにしっかり勝ち抜くかという点も、まとめていく予定です。
物事はやるからには勝たなければ意味がないし、企業はたちあげるからには利益をあげなければいけない、受験生は勉強するからにはどこかの学校には合格しなければいけない。最終的な評価の指標は結果です。結果を出すために、いかに今厳しくするか、という自分への厳しさをどう正しく持つか、それが安定すれば、実力をきちんと結果に結び付けられるのではないかと思います。

|

« For richer life | トップページ | がむしゃらな気持ちを合理的な気持ちに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆転はなぜ起きるのか:

« For richer life | トップページ | がむしゃらな気持ちを合理的な気持ちに »