« アマチュアスポーツでの誤審にどう対応すべきか | トップページ | Let's enjoy cold winter »

2017年1月18日 (水曜日)

全員育ててこそ、構成員重視の組織

「組織は人が一番大事。人がいなければ組織は成り立たない」とは、猫も杓子も、ブラック企業のオーナーでさえ発言します。この言葉がただのリップサービスなのか本年なのかをきちんと見極めて、所属する組織を決めていかなければなりません。
その見分けるファクターについては追々記事にしていきますが、私がこの言葉を聞いて違和感を感じるのは、その組織の「落ちこぼれ層」の扱いを合わせて見た時が最も多いです。
正直、人材の育成は難しい。成果の評価が上司によって異なると妥当な評価は導けませんし、かといって評価の尺度を一定にすると型にはまった人材しか育たない。上司や同僚が終始やる気を喚起し続けるわけにはいかず、成長のための題材も限られていて争奪戦。
このような状態で、いつどの程度の人数が成長して芽が出るかは予測できず、ひょっとしたら誰も芽が出ずに全滅するおそれがあります。
そのような中、特定の優秀な、あるいは気にいった人材にだけ集中的に良い仕事をさせて成長させる組織、一見合理的ですが、このような組織が「人を大事」と発言するととても違和感を感じます。
この組織がやっていることは、至極合理的ですが、言い換えればピックアップした人材以外の成長は諦め、「自力で成長したら敗者復活を認める」と切り捨てているわけです。
逆に本当に人材を大事にしている組織は、一人ひとりのポジションをしっかり把握し、これに応じたチャンスを与え続けています。結果、全体が底上げされて、人件費の無駄も最小化されます。
本当に人が大事であれば、構成員全員に組織に貢献してほしいはずです。できる人、できない人、勝手に成長できる人、指示待ちな人、いろいろ個性がある中で、きちんと全員に目を向け、適切なチャンスが与えられているか、この配慮こそが人を大事にする行為であり、それを怠り、貴重な人材を埋もれさせたり切り捨てたりする組織は、下手に「人が大事」ときれいごとをいうよりも「効率を最優先」とうたった方が潔く印象がよいのにと時々感じます。

|

« アマチュアスポーツでの誤審にどう対応すべきか | トップページ | Let's enjoy cold winter »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全員育ててこそ、構成員重視の組織:

« アマチュアスポーツでの誤審にどう対応すべきか | トップページ | Let's enjoy cold winter »