« 高い意識は3文の得 | トップページ | Interest for science »

2016年12月21日 (水曜日)

勝つためのメリハリ

スポーツチームは、練習中にイージーミスやだらけたプレーが出ると選手同士の間に厳しい言葉が飛び交います。しかし、試合中はどんなに気の抜けた凡ミスがあっても「大丈夫、大丈夫!切り替えよう」と、互いに励まし合い、厳しい言葉は一切でません。しかし、試合後にビデオを見て反省会をする際はやはり厳しい意見が飛び交います。
これは、勝利という結果を得るために必要なメリハリで、練習中は反省会ではお互いに厳しく課題を語り合い、個人レベルで成長し、チームの連携をあげていかなければなりません。しかし、試合中に厳しく言い合うのは無益で、選手が最も力を出せるよう、お互い励ましあうわけです。
外野から見ている人は、お互いに励まし合っているさわやかな面だけを見てスポーツをさわやかだと思いますが、強いチームこそ、練習中、自分に、互いに厳しくやりあっている現実があります。
他方で、練習段階で厳しくする目的をはき違えた程度の低いチームでは、先輩により後輩のしごきやいじめなど、おかしな事が生じがちです。一人ひとりの選手の成長が大事であるにも関わらず、その成長を阻害したり、その選手が辞めてしまうような言動は、勝つという目的に反した異常なものといわざるをえません。
スポーツチームに限らず、優れた組織は、このメリハリ、成長するために練習段階では厳しくあり、大事な本番ではお互いに励まし合って最高のパフォーマンスを引き出す、ということができています。
優れていない組織ほど、だらだらとなれ合いを続けたり、異常なハラスメント行為が頻発しがちです。
成長する優れた組織を作るためには、明確な目的意識を植え付けることが大事であり、そうすれば、自然と目的に即したメリハリができるのではないかと思います。

|

« 高い意識は3文の得 | トップページ | Interest for science »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝つためのメリハリ:

« 高い意識は3文の得 | トップページ | Interest for science »