« Do your best from the start | トップページ | 相手との関係性と自分の意見を通すか否か »

2016年11月 4日 (金曜日)

できなかった事がある日突然できるようになる2つの仕組み

できない事をできるようにしようと努力しているのだけれどもなかなかうまくいかない。そういう時期は誰にでもあると思います。しかし、努力を続けていたら、ある日突然できるようになったりします。
では、なぜ突然できるようになったのか、その逆転の仕組みを追及しておく必要があると思います。
1つは、体が動きを覚えてしまうというケース。九九や基本的な英語は考えて口に出すものではなく、体で覚えて自然に(たとえば眠くて意識朦朧としている状態であっても)普通に口に出てくる状態でなければほぼ使い物になりません。継続した努力の結果無意識的にすらすら出てくるよう体が覚えた時にいきなり使い物になるわけです。
もう1つは、コツをつかむケース。たとえば野球の投げ方や打ち方は人それぞれの体格や筋量によって正しいフォームが変わります。いくらプロに教わっても自分の体にあった動き方でなければなかなか結果が出せません。これが、色々な動きを試している中で自分にピッタリくる動きをみつけ、その動きをマスターできた瞬間にいきなり結果が出るようになるというケースもあります。
いずれにせよ、できない事をできるようにするためには継続して努力する必要がありますが、正しいやり方がわかっている場合にはそれを徹底して体に叩き込む、わかっていない場合には、セオリーは度外視していろいろ試して最善の方法を見つけるということが大事です。
逆転の1手を模索する場合も、今のやり方を徹底すれば逆転できるケースと、新しいやり方を見つけなければいけないケースとに分けて、必要なものを追及する「継続」を行う必要があるのかと思います。

|

« Do your best from the start | トップページ | 相手との関係性と自分の意見を通すか否か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: できなかった事がある日突然できるようになる2つの仕組み:

« Do your best from the start | トップページ | 相手との関係性と自分の意見を通すか否か »