« 歩行者天国は自転車も完全シャットアウトにすれば? | トップページ | Journey to Hiroshima »

2016年10月19日 (水曜日)

誰かを立てれば

組織の中で長く中核的な役割を担ってきた人は、時にプロジェクトや人事を私物化したいという提案を始めます。
組織として、特定人によるプロジェクトや人事の私物化は禁忌であることは当たり前なのですが、長く組織に貢献してくれた人も立てなければと、半ば褒賞的にこれを認めてしまうことがしばしばあります。
この私物化プロジェクト、当たればその人の隠れた才能を引き出すことにつながるかもしれません。しかし、所詮1個人の「こうしたい」願望を形にしただけのもの、成功確率は高くなく、失敗した際のリスクが大きいです。
すなわち、特定の人がプロジェクトや人事を私物化してそれが失敗すると、当然他の構成員は不満を持ちます。そして、その不満は「この組織は依怙贔屓する体質が危険だ」と、組織に向いてしまうのです。
特定のプロジェクトの全てをある中間管理職に任せる、自由な発想で新しい提案を出してもらう、これはよいことです。しかし、大切なのは結果をもたらすこと。結果を出さず求心力を落としてしまった場合、その地位は保障されるべきではありません。
私物化行為が直ちにダメというよりは、自由にしてよい反面で失敗のリスクもきちんと負わせる、その前提のもとで、自由な発想が次々と出てくる組織はきっと継続的に成長していけるのだろうと思います。

|

« 歩行者天国は自転車も完全シャットアウトにすれば? | トップページ | Journey to Hiroshima »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰かを立てれば:

« 歩行者天国は自転車も完全シャットアウトにすれば? | トップページ | Journey to Hiroshima »