« 阪神と近鉄の間の公園 | トップページ | 黒を黒というコンサルティング »

2016年9月 5日 (月曜日)

バックネット裏への冷やかし登場を防止するには

プロ野球中継を見ていると、時々バックネット裏に出てきてポーズをとり、警備員に退去を求められるシーンがあります。
警備員が近くに待機しているのなら最初から、こうした人はこのエリアに入れなければよいのに、と思います。
ただ、数万人の観客が来るスタジアムで誰がこの特等席のチケットを持っているか警備員が把握するのは困難。
そこで、バックネット裏エリアの方のチケットはストラップにし、これをかけていないとバックネット裏エリアに入れない、というシステムにしてはどうかと思います。
今はまだ大きな問題は生じていないため、余計なコストはかけないのかもしれませんが、このエリアはテレビに映ることから、このエリアに入る観客には相応の制約が課されてもやむなしだと思います。
高校野球の方ではいろいろ難しい問題が生じ、今年から制度を変えたようですが、プロ野球も、おそらくちょっとした工夫で解決することだと思うので、何かに悪用される前に、この問題解決に取り組んでほしいところです。

|

« 阪神と近鉄の間の公園 | トップページ | 黒を黒というコンサルティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックネット裏への冷やかし登場を防止するには:

« 阪神と近鉄の間の公園 | トップページ | 黒を黒というコンサルティング »