« バックネット裏への冷やかし登場を防止するには | トップページ | 雰囲気の悪い組織を立て直すには »

2016年9月 6日 (火曜日)

黒を黒というコンサルティング

法律相談では黒を白にする方法を教えろ、というものが相当数あります。
もちろん、相談料はタイムチャージで時間に対していただくこと、黒を白にする思いがけない方法や判例をしっかり調査することが前提です。
それでも、どうしても黒を白にすることはできない、あるいはその可能性は低いという結論をお伝えしなければいけないこともまた相当割合あります。
この場合、お客は金を払わんと言い出すお客がおり(もちろん契約違反)、時には自分が費用を支出しているわけではない国選弁護の被告人がこのようなことを言い出して解任請求や懲戒請求をするケースすらあります。
このような件に対して弁護士がすべき自衛手段は、「黒を白にする思いがけない方法や判例をしっかり調査すること」この徹底です。これを徹底していれば堂々と費用を請求できますし、懲戒請求も怖くありません。
ダメな弁護士は目先の費用確保のために、お客に緩い法的判断を示します。
これをふまえ、顧客目線で置き換えると、本当に黒を白にしたいブラックなお客は後者のダメ弁護士を選び、志をもってこれまでタブーとされていた領域に踏み込んで新しい社会を築こうとする顧客が優良弁護士を選ぶこととなります。
良きは良き同志、悪きは悪き同志くっつく皮肉な例の1つに挙げられるでしょう。

|

« バックネット裏への冷やかし登場を防止するには | トップページ | 雰囲気の悪い組織を立て直すには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒を黒というコンサルティング:

« バックネット裏への冷やかし登場を防止するには | トップページ | 雰囲気の悪い組織を立て直すには »