« 性犯罪の示談における駆け引き | トップページ | Summer and Autumn »

2016年9月21日 (水曜日)

熱意は必要しかし組織の私物化に注意

組織のリーダーが人を動かすために必要なものの1つに「熱意」があります。
人が動く動機の1つは利害。利益があることには人は自然と動きますが、組織として全員が統率された動きをするためには、利益だけで人を動かすのには限界があります。
ここで、人を動かすために必要になるのがリーダーの熱意。「この組織を大きくしたいんだ」「より良い方向に導きたいんだ」という熱のこもったリーダーシップの有無で人がついていくか否か大きく分かれます。
ただし、ついていく側の人間からは、この「熱意」が組織全体の利益のためではなく、リーダーの個人的な欲望の充足、すなわち組織の私物化に向いていないか注意が必要です。
リーダーは組織を動かせるということで、時に私的な欲望を組織を使って得ようとしがちです。そのような組織の私物化が一度でも起こると、構成員の足並みは乱れ、その後組織の統一された動きはどんどん難しくなります。
逆に、リーダーの側からも、構成員、特に中間管理職をタイムリーに動かすために、その人が組織の一部を私物化する行動を認めてしまうと、同様の結果につながりかねません。
組織を良い方向に導くためには、適切な中身を持った熱意が不可欠です。我々は、組織を導く側にたっても、導かれる側に立っても、リーダーに熱意が十分あるか、その熱意は歪んだものではないかをしっかり見極めていく必要があるのだと思います。

|

« 性犯罪の示談における駆け引き | トップページ | Summer and Autumn »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱意は必要しかし組織の私物化に注意:

« 性犯罪の示談における駆け引き | トップページ | Summer and Autumn »