« Early morning activity grup | トップページ | ジョギングを継続する条件 »

2016年9月 2日 (金曜日)

最後まで粘れ

私は一夜漬け反対派。一夜漬けしても所詮付け焼刃ですし、睡眠時間が少ないと本番のパフォーマンスも低下します。
準備不足だと認識していても、大事な本番の前日は適量の睡眠をしっかりとるべきです。
しかし、本番前日に慌ててもしかないから開き直れとか、リラックスすればよいというわけではありません。
睡眠時間や体のリズム管理は重要ですが、それ以外の時間は最後の1分までしっかり詰め込めるだけ詰め込むべきです。
このポイントは2つ。直前に詰め込んで体が覚えていることは、本番でも意外によく使えること。また、極限まで少しでもより良いポイントをあげるという執念を醸成する意味もあります。
最後の土壇場で逆転が生じる要因は勝利への執念の有無。ですので、勝利への執念を本番から逆算してしっかり備えていく必要がありますが、その前提として体力が持つ必要があるので、一夜漬けはせず、しかし、最後まで精一杯粘ることが大事なわけです。
油断してラストスパートを怠っても、ラストスパートをやりすぎてゴール目前で倒れてもアウト。その中間で精一杯ベストを尽くすべきだということは、どのような場でも大切だといえるでしょう。

|

« Early morning activity grup | トップページ | ジョギングを継続する条件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後まで粘れ:

« Early morning activity grup | トップページ | ジョギングを継続する条件 »