« "Kechi" for time | トップページ | 我慢するポイント »

2016年9月16日 (金曜日)

勝利の方程式が、相手の崩しどころ

勝利の方程式という言葉があります。試合終盤の役割を定型化し、それぞれの役割のプロを配置して確実に勝ちに行く作戦です。
しかし、プロ野球や高校野球では、1点を守るために好投していた先発に代えて出したリリーフが誤算でかえって大量失点につながったというケースもよくあります。
勝利の方程式が成り立つのは役割が明確で、その役割に対するスキルがプロフェッショナルで失敗の可能性が限りなくゼロに近い場合です。
しかし、試合終盤の状況とは、客観的に同じように見えても認識しにくいところで大きく異なるものです。そこで、経験をふまえてその違いに対応できればよいのですが、漫然と役割の定型化だけしていると、ここが逆転の狙い目になります。
勝負事に楽に勝つやり方、定型化するやり方など存在しないはず。これをしようとすることはその勝負を甘く見て油断していることにほかなりません。
逆転の狙い目はいかに相手の油断を見逃さないか、さらには相手を油断させるかにもあるといえるでしょう。

|

« "Kechi" for time | トップページ | 我慢するポイント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝利の方程式が、相手の崩しどころ:

« "Kechi" for time | トップページ | 我慢するポイント »