« 若手税理士の税務セミナーに注目 | トップページ | How to ensure stable energy »

2016年7月20日 (水曜日)

トップをいつもニコニコさせる

組織のリーダーというものは厳しいようで意外にいつもニコニコしています。もちろん、特に対外には、言うべきことはきちんと言わなければいけませんが、対内的にはいつもニコニコしているのが望ましいと言われます。
下につく構成員目線では、いつもガミガミ言っているリーダーよりニコニコしている人の方が従いやすいですし、厳しいことを言われるより褒められるともっと頑張ろうという気になれます。
もちろんいつもニコニコしているのは性格的な面もあるのでしょうが、当たり前にそれができるわけではなく、組織としてのバックアップが必ずあるはずです。
たとえば会社であれば社長をいつもニコニコさせるために専務が中間管理職を厳しく指導する、そのような態勢です。
人望を集めるべき人は常に笑顔で朗らかであったほうがよい、そのためにナンバーツーまたはしかるべき立場の人間がトップとのコミュニケーションをとりつつ厳しくする、というのは組織のあり方の1つです。
組織として良い空気を生み出し、良い方向に進めていくためには、誰が穏やかに、誰が激しくするのか、そのロールプレーも重要になってくることがよくわかります。

|

« 若手税理士の税務セミナーに注目 | トップページ | How to ensure stable energy »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トップをいつもニコニコさせる:

« 若手税理士の税務セミナーに注目 | トップページ | How to ensure stable energy »