« ポジショニング | トップページ | GWのトミカ博 »

2016年7月23日 (土曜日)

好奇心のない人へのおせっかい

好奇心旺盛な人は次々といろいろなことに興味を持って取り組み、その中から続けられそうなことをピックアップして続けて成長します。
好奇心のない人は「やりたいことがない」と無駄に時間を過ごして立ち止まったままです。何かやりたいとは思っていても、何をすべきかわからないので何もできないこうした人には周囲が少し何かを始めるきっかけを与えるといきなり成長を始めるかもしれません。
親が小さい子どもに習い事をさせるのはその1つの例で、決して親の望みを子どもに押しつけてはいけませんが、いろいろ習い事をさせる中で興味のあることや得意な事を見出し、続けていくとうまく成長していけます。
高校生・大学生・社会人になっても自分が何をしたいか決められずただ時間だけ過ぎていく人は多いです。そうした人にはちょっとおせっかいを焼いて、自分の取り組みに巻き込んだり、新たな取り組みを紹介してみると意外な効果があるかもしれません。
もちろん、これが結局おせっかいを焼く側の利益のためであれば、相手は容易にその事に気づいて敬遠してしまうので、純粋なおせっかいとして提案することが大事です。純粋なおせっかいをしてボランティアをする余裕はない、という人もあるでしょうが、他人がどのようなきっかけで動き、どのように成長するかを見ることは事後的にきっと自らの今後のための大きな糧となります。
「何もしたくない」という人に無理に何かをさせるのは困難ですが、何かしたいけれどやりたいことがみつからない人を見つけたら、ちょっとした先行投資のつもりでいろいろ提案してみると、意外に自らにもいろいろ返ってくるかもしれません。

|

« ポジショニング | トップページ | GWのトミカ博 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好奇心のない人へのおせっかい:

« ポジショニング | トップページ | GWのトミカ博 »