« How to ensure stable energy | トップページ | 好奇心のない人へのおせっかい »

2016年7月22日 (金曜日)

ポジショニング

ゴール前にディフェンダーが多くて攻めあぐねるので、ディフェンダーを前に釣り出すと、その釣り出された選手がカウンターの先陣を切る。
ゴール前の混戦で転倒したためカウンターに参加できなかったが、カウンター攻撃に失敗して逆カウンターを受けたときセーフティになれた。
いずれもフィールドスポーツではよくあるシチュエーションです。何が言いたいかというと、人間同士の相対的なポジショニングは常に50:50で、同じスピードであれば相手との垂直二等分線より手前側に先にいけるのは当たり前の事です。
オフェンスは相対的な位置関係をふまえ、有利なフィールドで進めるべし。これは鉄則です。この状況ではディフェンスは不利な立場にあります。しかし、ボールを奪うなどして立場を入れ替えれば、ポジショニングは諸刃の剣であっという間に形成は逆転します。
事前の作戦通りにポジショニングをとることは大切な作戦ですが、大事なのはそれにこだわることなく、現在のポジションで有利な攻め方を考えることと、いかに形成を入れ替えるか、これが逆転の一手を考えるうえでの最も基本的な発想であるといってよいかもしれません。

|

« How to ensure stable energy | トップページ | 好奇心のない人へのおせっかい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポジショニング:

« How to ensure stable energy | トップページ | 好奇心のない人へのおせっかい »