« 契約締結に対する意識を高めよ | トップページ | The answer is not limited to the suggested two »

2016年7月 6日 (水曜日)

役割分担と公平感

組織の活動は縦割りにはなっても決して全員平等にはなりません。事務処理が得意な人には事務処理優先、初対面の人とのコミュニケーションがうまい人には対外折衝など、それぞれの長所をいかした異質な業務が割り振られることになります。
組織の活動をうまく導くコツは、まず個々の特性を見極めて、この役割分担を適切に行うことです。
さらにここで大事なのは納得感。その役割を任せることに、各人納得しているかです。異なる役割を与えるとどうしても「あいつの方が楽だ」とか、「俺は期待されていないから重要な仕事が任されない」などと言い出す人が出てきます。それでは、組織としてなかなか良い方向には進んでいけません。
空気の悪い組織の1例として、表向きにはニコニコしているが、本人のいないところで悪口が囁かれる組織があります。悪口まではいかなくとも、裏で組織に対する不満が囁かれるようになれば、やがてそれは伝播し、組織に対する忠誠心を損ない、業務の質を悪化させます。
異なる役割をふるのは不平等ではない、各自の特性をふまえた実質的平等であるということをリーダーの口から丁寧に説明できる組織がしっかり組織のポテンシャルを引き出せる良い組織だといえるでしょう。

|

« 契約締結に対する意識を高めよ | トップページ | The answer is not limited to the suggested two »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 役割分担と公平感:

« 契約締結に対する意識を高めよ | トップページ | The answer is not limited to the suggested two »