« 有期雇用契約の使い方 | トップページ | Early life is basically good. But... »

2016年6月15日 (水曜日)

上下の距離を広げるもの

社長であっても大部屋で皆と一緒に働く、というスタイルが広まって結構久しくなります。
上下間のコミュニケーションを増進して、業務効率をあげることを含め、上下間の距離を縮めることが狙いです。
もちろん、大部屋で一緒に仕事をすることだけがその手法ではないので、必ずしもこうしなければならないというわけではありませんが、組織にはどうしても上下間の距離を広げてしまう言動がほかにあります。
・トップが何をやっているか不透明
・トップだけ特別待遇
・トップの発言がやたら上から目線
などです。
トップが何をやっているかなどは、逐一会議などで報告すべき事ではなく、実際に見てもらうのが最も適切ですし、特別待遇(トップだけ組織の経費でできることがある)は、できる限り構成員の見えない場に限られるべきでしょう。
上下間の距離を縮めて仲良くやりたい、というリーダーはたくさんいますが、では何をすればいい?と悩んでいる人も多いです。
これに関しては何をすればいい、という共通の適切な手法はおそらくありません。構成員目線で、リーダーの仕事が適切に見えるかどうか、それを目標にしなければならないところです。
上と下の違いは役割の違い。それをいかに納得させるかが肝要で、そのためにはシステムよりも平素の言動が重要であるとしばしば感じます。

|

« 有期雇用契約の使い方 | トップページ | Early life is basically good. But... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上下の距離を広げるもの:

« 有期雇用契約の使い方 | トップページ | Early life is basically good. But... »