« Blue summer | トップページ | なぜ個の成長に金を払って師を求めるのか »

2016年5月20日 (金曜日)

99を100にすべきとき

逆転が起きるケースは、逆転する側に良い手が出るよりも、逆転される側が迂闊な1手を出してしまうケースの方が多いです。
この通りにすれば勝てる、とわかっていてもそこは人間の活動。正確な活動ができなかったり、人によっては感情的な理由でその通りにできなかったという人もあるでしょう。
正確に行動できる、これが逆転されないためのごくごく基本的な資質です。
とはいえ、この正確に行動するというのは非常に難しいこと。99%成功するということは100回に1回正確に行動できないことを意味します。そして、99%を100%にする努力はとてつもない量を要します。
ですので、99を100にする努力をするなら同じ量の努力を新しい分野に向ければ0を60くらいまでできるかもしれず、どうしても新しい事に目がいきがちです。
自分が逆転を狙う下位者であるという認識がある場合、まずは手持ちのカードを増やす必要があるので、こうした60%程度のスキルを増やしていったほうがよいかもしれません。
しかし、努力を継続した人は必ずどこかでライバルにリードする場面が生じます。この段階で、逆転されないための努力、すなわち正確な活動をする努力が必要になります。
いろいろできるけれども不安定で雑。ビギナーはこれでいいですが、ある程度地位があがっていくとこれではいけません。
自分に謙虚であることは良いことなのですが、謙虚でありつつも、上位者としての自覚も持ち正確性をあげる努力を怠らない、この意識転換をどの段階で行えるかが、社会の中で上昇していくうえで非常に大切だと思います。

|

« Blue summer | トップページ | なぜ個の成長に金を払って師を求めるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 99を100にすべきとき:

« Blue summer | トップページ | なぜ個の成長に金を払って師を求めるのか »