« Golden week is not so happy event | トップページ | 相手のせいにしてはいけない »

2016年5月 6日 (金曜日)

結果を出し続ければしっかりした人よりもダメ男が成功する

野球でよくいわれる例。同じフライでも初動がしっかりしていて無難にキャッチしたら観客は反応しないが、初動を怠って慌ててダイビングキャッチすれば観客はファインプレーと歓喜する。
どちらのタイプが優秀であるかは言わずもがな、前者です。しかし、社会では後者が評価されがちです。
それは、1つは、淡々とあたかも簡単に業務をこなすよりも、業務をこなす熱意を見せてもらった方が評価しやすい点、もう1つは人は誰もが平凡よりもスリルを楽しみたがる生き物だという点があがります。
ですので、完璧に段取りして全く危なげなく涼しげに仕事をこなすできる社員よりも、計画性がなくいつも期限前夜に徹夜してギリギリ間に合わせる社員の方が評価され、
何一つ欠点がなく安寧な生活が保障される男よりも、波乱万丈が予測されるが熱意を強く感じられる男に、女性は本能的になびいてしまいがちです。
これも1つの逆転の例。人間として能力が劣っていても、かえってそれが熱意やスリルという付加価値となるケースが時々あるのです。
ただしここで気をつけるべきは、前提として必ず結果を出すことが必須になります。
スリルの挙句、仕事が期限に間に合わなければその仕事の価値もその社員の評価もゼロ。
いくら熱意を言動で示しても、その裏付けとなる事象を生じさせられなければ所詮口だけ人間です。
そこさえきちんとできれば、能力的に低いダメ男が能力の高いしっかりした人に逆転勝ちするのは、やり方次第でいろいろありそうです。

|

« Golden week is not so happy event | トップページ | 相手のせいにしてはいけない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結果を出し続ければしっかりした人よりもダメ男が成功する:

« Golden week is not so happy event | トップページ | 相手のせいにしてはいけない »