« 応用的な運動をしたければこちら | トップページ | 対抗言論すべきかしないかは、評価するのは誰かという視点で使い分けろ »

2016年3月21日 (月曜日)

肌のケアは転ばぬ先の杖

私はおしゃれや見せかけのために費用や時間はほとんど使いません。
ですので、肌のケア製品の類は一切持っていません。
冬の間は乾燥肌に悩まされるのですが、患部への刺激を少なくするよう心掛ければ、ここ数年特にケアせずとも不便はありませんでした。
しかし、今年は乾燥肌に大変苦しめられました。
今年乾燥肌になったのは例年と異なる部位で、就寝中に発汗して痒みが出るなど、寝ている間などに無意識にかきむしってしまいやすい場所に生じ、気が付けばいつの間にかかきむしっていたということを繰り返してしまいました。
まだ乾燥肌になった段階ですぐにケアしていれば苦しまずに済んだのだと思います。しかし、乾燥肌をかきむしったあとにクリーム等でケアすると、肌の回復自体は早いのですが、その回復がまたむずがゆく、また掻いてしまうという悪循環。
肌というのはすぐに回復する優秀な器官ですが、損傷する前にケアしなければいけない事を痛感させられた冬でした。
これから年をとるにつれて肌に限らずどんどん各器官、回復力が衰えてくると予測され、若い頃のようにいきあたりばったりではなく、損傷してしまわないよう事前にケアするという意識をしっかり持たなければならないのだと実感しています。

|

« 応用的な運動をしたければこちら | トップページ | 対抗言論すべきかしないかは、評価するのは誰かという視点で使い分けろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肌のケアは転ばぬ先の杖:

« 応用的な運動をしたければこちら | トップページ | 対抗言論すべきかしないかは、評価するのは誰かという視点で使い分けろ »