« 必要最小限を見極める | トップページ | 上役がしゃべる時間、部下がしゃべる時間 »

2016年3月29日 (火曜日)

借りる時に返済計画を立てよ

奨学金が返せない人が増えているというニュースは時々報道されますが、こうした奨学金が返せない人の相当割合の人が、奨学金は返済すべき事を知らなかった、あるいは督促を受けて初めて知ったという事実は大変驚きです。
法テラスの法律扶助利用者の中にも時々、返済義務がないと誤解されている方がいますが、借りたお金は返すのが当然で、いくら困窮していたとしても、無償で大きな特権を得られるという制度は非常に少ないと認知される必要があります。
奨学金にしても法律扶助にしても、毎月の返済額はそれほど大きくなく、仕事のある人は問題なく返済でき、仕事のない人も動ける体であればアルバイトを少し頑張れば返済できる程度の金額です。
それでも返済できないのは、借入時に返済計画をしっかりイメージできていないからでしょう。
奨学金によって大学に進学し良い企業に就職できた、法律扶助によって弁護士に依頼し損害賠償を勝ち取れた、このように借入によって試みた事が成功すれば誰でも支払えます。
しかし、失敗した場合どう返済するか、おそらく多くの方が考えておらず、失敗したから払いたくない、という気持ちに傾いてしまうのでしょう。
それでも借入は借入。失敗しても返さなければならないものは返さなければいけません。
銀行等での一般的な借入や友人からの個人的な借入なども含め、借りた金銭の運用に失敗した場合にどう返済するのか、成功を楽観視せず丁寧に検討することが大事で、それは周囲からも指摘・助言してあげるべきことだと強く認識させられます。

|

« 必要最小限を見極める | トップページ | 上役がしゃべる時間、部下がしゃべる時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 借りる時に返済計画を立てよ:

« 必要最小限を見極める | トップページ | 上役がしゃべる時間、部下がしゃべる時間 »