« 内容証明郵便の内容をめぐる駆け引き | トップページ | Qualities necessary to be a excellent leader »

2016年2月24日 (水曜日)

組織の成長の鍵を握る上下間のコミュニケーション時間

組織として成長・発展していくためには、メンバーを大切にし、メンバーの参加意欲と能力を向上させていく必要があります。人材難の現代、使える奴だけ使うという考え方では早晩組織の成長は行き詰まるでしょう。
このようにメンバーの意欲と能力を向上させていくうえで重要なのが上下間のコミュニケーションの質と量。
ただやる事を教えるだけでなく、意欲をもって取り組む事の具体例や格好良さ、細かいテクニック、イレギュラーな事情への対応方法など、上から下に伝えるべきことは山ほどあり、この時間が確保されないままただ活動に従事させられてもメンバーは思うように伸びてくれません。
上司が率先して仕事をするのも大事ですが、そのために部下とのコミュニケーションが十分図られていなかったらそれは上司の自己満足にすぎないかもしれないのです。
難解な業務や公式な業務はリーダーがこなさなければいけません。それならばそれ以外の比較的簡単な活動はメンバーに任せて、その業務をメンバーに寄り添って行うことでこのコミュニケーションの時間が確保されるでしょう。
最善の効率を有する業務処理方法は比較的見えやすく、それが見えてしまうとどうしてもそちらに突入してしまいがちですが、しっかりと一定の役割と時間を部下に割くことも組織をまとめるリーダーの大事な仕事だといえます。

|

« 内容証明郵便の内容をめぐる駆け引き | トップページ | Qualities necessary to be a excellent leader »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組織の成長の鍵を握る上下間のコミュニケーション時間:

« 内容証明郵便の内容をめぐる駆け引き | トップページ | Qualities necessary to be a excellent leader »