« 格差の原因を省みる | トップページ | Be humble is important personality to obtain big achievement »

2016年2月17日 (水曜日)

個人のやり方の尊重とは

チームで活動するうえで、個人のパートのやり方はいろいろあります。
黙々と1人で集中するのが一番仕事ができる人もいれば、周囲といろいろ提案しながらやるのが良い人もいたり、雰囲気がパフォーマンスに影響して、音楽がガンガンかかっていると時などが一番活躍できる人もいます。
組織として活動するうえで、「個人の領域」での個人のやり方に過度に干渉して、個人の良いパフォーマンスを引き出せないと、組織としても良い成果は得にくいでしょう。
よくあり失敗は、リーダーが自分の考えが「模範解答」だと信じて疑わず、部下が自分の模範解答にたどるつけるよう指導するケース。
リーダー個人の考えは模範解答でも最も優れた案でもなんでもなくただの経験者の1提案。
これを部下に押しつけてしまうと機械的な部下が増え、組織としてのパフォーマンスは伸びません。
組織としては、個人それぞれに適したやり方があるということを、リーダーのみならず全構成員がまず共有すべきです。
しかし、なんでもかんでも個人のやり方に任せてよいわけではありません。
楽する方便として個人のやり方を提唱しているだけの人も必ず出てきます。
個人のやり方はその人の力を最も引き出すやり方であることが前提で、楽をしようとして、あるいは自分の「やりたい」を追及してパフォーマンスを悪化させている人にはそのやり方を矯正する必要があります。
人それぞれ適したやり方があるとの尊重のもと、きちんと良い成果をあげられるやり方を各自に推奨していくことが、組織のポテンシャルを引出し、良い成果を得る大事なポイントであるといえます。

|

« 格差の原因を省みる | トップページ | Be humble is important personality to obtain big achievement »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個人のやり方の尊重とは:

« 格差の原因を省みる | トップページ | Be humble is important personality to obtain big achievement »