« 急に方針が変わった事件で着目すべきポイント | トップページ | I started to write an article in English every week »

2016年2月 3日 (水曜日)

チーム内の距離感

チームで活動する際、メンバー間の距離感の調整が非常に大切です。
距離感と一言で言うのは簡単ですがその内容は非常に多岐にわたります。
例えば飲み会の頻度。毎日飲みに行きたい人もいれば、飲みには行かずできる限り自分の時間を大切にしたい人、飲みには行きたいが金銭的に問題があり、それを悟られたくない人など様々な人がいます。
ここで多数決で多数派のやり方で統一してしまうと、少数派の人はチームに入りきれず返ってチームと距離が離れてしまう結果になりかねません。
例えば活動におけるちょっとした質問。近くにいれば気軽に質問できるが、わざわざ移動して聞きにいくほどではないという質問はいくらでも発生します。
ここで、質問に答えてくれる上司や同僚が近くの席ならばスムーズに質疑応答がなされますが、上司が個室だったり、質問したい相手の席が遠いとうまくやりとりが成立しません。
他人との距離感は人によって異なり、時間や場面によっても変わりうるものです。なので何が最善だというのは一概に決められるものではありません。
しかし、適当に設定したり多数派に合わせるのを強制するとチームがうまく動きません。
メンバー一人ひとりの求める距離感を把握し、できる限り全員が納得する位置関係を精一杯考え、その後も更新し続けることが必要だといえるでしょう。

|

« 急に方針が変わった事件で着目すべきポイント | トップページ | I started to write an article in English every week »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チーム内の距離感:

« 急に方針が変わった事件で着目すべきポイント | トップページ | I started to write an article in English every week »