« ブログ開設10周年を機に | トップページ | 急に方針が変わった事件で着目すべきポイント »

2016年2月 1日 (月曜日)

枕の使い分け

良質な睡眠の確保はビジネスパーソンの基本中の基本。ですので、寝具にこだわる人は少なくないと思います。
そして、枕が変わったら寝られない、という人もいるように、睡眠における枕の重要性は明白です。
ただ、ここで注意したいのは、どんな時でも自分に合うピッタリの枕というものはおそらく存在しないということ。
体の疲れている部位や程度により、睡眠中支えてほしい部位や程度も変わります。ひょっとしたら睡眠中にそのコンディションが変化する場合もあるかもしれません。
ですので、理想的には、複数の枕を用意しておき、睡眠中しっくりこない場合、寝ぼけ眼で枕を取り換えることができる睡眠環境が望ましいでしょう。
とはいえ、そんなスペースや金銭の余裕はないというケースが多いと思います。そんな時は、「今日ちょっと枕がしっくりこない」と感じるとき、枕を折りたたむ、縦にする、枕に頭を乗せる深さや広さを変えてみる、などの工夫でしっくりくる体勢を探すべきです。
こうした活動を、半分寝ている体を起こさず速やかに眠りに戻ることができる最小限の負担で行えるよう睡眠環境を整えることが大事で、睡眠に課題を抱える人はいろいろ試してみるとよいかと思います。

|

« ブログ開設10周年を機に | トップページ | 急に方針が変わった事件で着目すべきポイント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枕の使い分け:

« ブログ開設10周年を機に | トップページ | 急に方針が変わった事件で着目すべきポイント »