« 朝型勤務の流行とフレックスタイム制の採用条件 | トップページ | 先を見すぎるから失敗する »

2015年10月21日 (水曜日)

阪神が「甲子園の寵児」をなかなかドラフト指名できない理由

プロ野球ドラフト会議が迫っていました。
この時期は、あまり野球に詳しくない人でも夏の高校野球で活躍した選手の行き先を話題に取り上げる事が増えてきます。
夏の高校野球はもちろん甲子園球場での開催ですので、阪神は高校野球で活躍した選手を獲る・・と思いがちですが、現実はほとんどそうなっていません。
これには合理的な理由があります。
高校野球で活躍した選手はとても人気が出ます。その結果、確実に「過大評価」になってしまうのです。
松坂・ダルビッシュ・田中・前田・・・球界のエースは甲子園で活躍している選手が多いですが、逆にハンカチ王子・島袋・吉永など、高校野球では輝いたがその後の活躍が思わしくない選手もたくさんいます。
今年注目をあつめるオコエ選手は、もともと西武ライオンズがその潜在能力を見出して注目していましたが、全国大会で活躍したばかりに1位でしか取れなさそうな選手になってしまいました。オコエ選手が今年の夏の甲子園に出ていなければ西武は中位で指名できた可能性は相当程度あると思われます。
阪神は人気球団ゆえに、活躍できない選手に対してはバッシングも強くなります。
甲子園で活躍した球児はおおむね過大評価になりがちなため、入団後結果が出せないとすぐにバッシングに変わる、それならばある程度体ができてすぐにでも試合に起用でいる大学社会人の選手中心の指名になることは当然の成り行きです。
ただ、それでは目先のチーム編成はできても、長期的なチーム作りが十分にできません。
金本新監督を迎えてチーム再編を目指すチームには、今年のように目玉選手のいない時にいかに有望な若手を揃えられるかが数年先の浮沈を占う大きなポイントになります。
今年は思い切って甲子園で活躍した有望な若手を指名できるか、金本阪神はいきなり重要な長期ビジョンの選択を迫られるドラフトになりそうです。

|

« 朝型勤務の流行とフレックスタイム制の採用条件 | トップページ | 先を見すぎるから失敗する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神が「甲子園の寵児」をなかなかドラフト指名できない理由:

« 朝型勤務の流行とフレックスタイム制の採用条件 | トップページ | 先を見すぎるから失敗する »