« エアコン運転機能の将来性 | トップページ | 本当に面白い試合は強いチームが・・・する試合 »

2015年8月13日 (木曜日)

「つつみのおひなっこや」事件最高裁判決の射程~知財高裁平成27年8月6日判決の位置づけ~

結合商標の類否を判断するうえで大きな参考となるのが、「つつみのおひなっこや」事件最高裁判決です。
「つつみのおひなっこや」と「つつみ」が似ているかどうか、前者から「つつみ」の部分を抽出できるかについて、いわゆる「A+B」の商標から「A」の部分を抽出できるのは、Aが強く支配的な印象を与える場合またはBの出所識別機能がない場合に限られるという規範を立てました。
そのうえで、「つつみ」が強く支配的な印象を与えるとはいえず、「のおひなっこや」に識別商標としての機能がないとまではいえないという当てはめで、「つつみのおひなっこや」から「つつみ」を抽出することはできず、両者は非類似としました。
この規範を基に、同じような事例である知財高裁平成27年8月6日判決を検討してみたいと思います。
「オルガノサイエンス」と「オルガノ」が似ているかどうかが争点となった事案で、ぱっと見は、つつみのおひなっこや事件と同じような印象を受けます。
しかし、結論は、「オルガノサイエンス」から「オルガノ」を抽出することができ、両者は類似するという判断でした。
判決はもちろん、つつみのおひなっこや事件最高裁判決の規範を引用したうえで、
・様々な証拠により先行商標である「オルガノ」が既に相当程度周知であったこと
・指定商品が化学品類であることとの関係で、「サイエンス」は出所識別機能が低いこと
の2点を認定して、これらの事情を上記規範に当てはめて結論を出したのです。
「つつみのおひなっこや」事件最高裁判決があるので、特許庁が、連続した標準文字商標の一部を抽出することを躊躇したのは仕方のない判断だと思われます。
そのうえで、知財高裁は、積極的な事実認定をしたうえで、最高裁判決が示した規範の当てはめに1つの視点を示しました。
「オルガノ」が既に相当程度周知であったという事実認定が相当であれば、結論においても、最高裁判決の規範への当てはめの点においても相当な判断だと思います。
ただし、「オルガノ」つまりorganoは、「有機の」という意味で、こちらも指定商品との関係においてそれほど強い識別力を有しているわけではありません。
そこで、「相当程度周知」のレベルはかなり高いレベルにあるべきで、後願商標が事実上先行周知商標へのただ乗りに近いレベルである必要があるように思います。
なお、この審決取消訴訟は当事者系。査定系の特許庁が被告となる商標の審決取消訴訟では、もう3年近く取消判決が出ていませんが、商標法4条1項11号あたりでそろそろ取消判決が出そうな予感も感じさせます。

|

« エアコン運転機能の将来性 | トップページ | 本当に面白い試合は強いチームが・・・する試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「つつみのおひなっこや」事件最高裁判決の射程~知財高裁平成27年8月6日判決の位置づけ~:

« エアコン運転機能の将来性 | トップページ | 本当に面白い試合は強いチームが・・・する試合 »