« LANでつながっているからバレる人の本性 | トップページ | シンプルに考えればよいというものではない »

2014年10月21日 (火曜日)

ポストシーズン以外のかたちで「真剣勝負」の場を作るべし

プロ野球も、Jリーグも、本来のリーグ戦に加えて、ポストシーズンの戦いが用意されていますが、いろいろ厳しい問題提起がなされています。
プロ野球では、首位と7ゲーム差もあった阪神が、今好調であるだけで日本シリーズに出るのはどうなのか?
日本ハムは、上位とも下位ともゲーム差が離れ、悠々3位に入って調整できた。シーズン最終版まで激しい優勝争いをした上位2チームを差し置いて同じ立場で肩を並べて日本シリーズ出場を争えるのか?
J2リーグからの昇格争いの最終枠は、3位~6位のチームでのプレーオフで行われるが、昨年の徳島、一昨年の大分とも散々な成績で、とてもJ1にいるチームではなかった。
J1リーグで来季から採用される2シーズン制については肯定的な意見を探す方が難しい有様です。
さて、このようなポストシーズンが用意される理由は、レベルの高いチーム同士の真剣勝負で優劣を決めようというもので、それが顧客をひきつけ、利益につながるからです。
象徴的なのは今年の巨人と阪神。巨人はリーグ優勝が大きな価値観であるため、リーグ終盤戦、1戦1戦丁寧に戦っていたのに対し、阪神は長いシーズンの1つにすぎないと、ぼんやり戦っていました。
その結果、リーグ終盤の肝心なところで、巨人が連勝し、リーグ優勝に行方は定まりましたが、1戦必勝で丁寧に戦えば、単純な戦力では今年は阪神の方が上で、それがクライマックスシリーズで現れたかたちです。
1年のシーズンは長い以上、どうしても1年全体を見据えて戦っていかなければならず、1戦必勝の試合も毎試合行うことはできません。
ですので、1戦必勝の真剣勝負の場を設けることは、ファンにとっても、リーグの底上げにもよいことでしょう。
しかし、そのかたちはポストシーズンだけではないはず。ポストシーズンという形ありきで進めるから、上記のようにいろいろおかしなことが発生してくるのだと思います。
具体的にどのような形がよいとまではまだ議論が煮詰まっていませんが、重要な観点は、シーズン中はなかなか実現できない真剣勝負の場を提供すること。
間違いなく問題があると指摘している現状に対し、多少時間はかかっても、目的に適合し、ファンが納得する制度を作り上げてほしいと思います。

|

« LANでつながっているからバレる人の本性 | トップページ | シンプルに考えればよいというものではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポストシーズン以外のかたちで「真剣勝負」の場を作るべし:

« LANでつながっているからバレる人の本性 | トップページ | シンプルに考えればよいというものではない »