« 今やるか、後でやるか | トップページ | マクドナルドが全店禁煙にしたことにより伝えたい本当のメッセージ »

2014年8月17日 (日曜日)

アギーレ監督に与えられた思わぬハンデ

サッカー日本代表の新監督アギーレ氏が本格的に始動しましたが、報道を見るとなぜか最初から既に否定的なものが多いです。
その要因をたどると、
①日本サッカー協会が、ブラジルW杯の検証をしないまま監督人事を進めたため
②ザッケローニ監督が、W杯に向けて、Jリーグで調子の良い選手を新たに招集することをしなかったため、改めてメディアの注目選手をプッシュするため
という本人とは関係のない理由が浮かび上がってきます。
その心情はわからなくはないですが、①は前回W杯終了後、監督人事で後手を踏んだ反省の現れでしょうし、②も大会前に新しい選手を1から入れるリスクがあることを考えると間違った判断ではありません。
したがって、今、アギーレ新監督に大してマイナスな報道がなされているのは、本人に関しない、かつ、本質的に間違ったことではない点によるものなのです。
そう考えると、仕事をする前からこのようなおかしな要因でケチをつけられているわけで、大変なハンデだと感じます。
私が懸念するのは、アジアカップで結果がでなければすぐに解任論が噴出しないかということ。
サッカー代表は、調子の悪い時期を経て、その時期に試行錯誤して成長した新しい姿を見せるという事を繰り返してきました。
低迷期なくして成長はないのです。そのため、この長い4年間の中のどこかで低迷期は必ず来るし、必要です。
その時、安易な解任論や、人気投票的な選手起用、一貫しない場当たり的な強化策が行われればそれ自体が大きなロスになってしまいます。
まずは、アジアカップ、アジア予選前半での動向をしっかり見届けましょう。大切な価値観は4年後ロシアで勝つこと。そのために、周囲が「負の遺産」に対して過剰な反応をしないことを祈ってやみません。

|

« 今やるか、後でやるか | トップページ | マクドナルドが全店禁煙にしたことにより伝えたい本当のメッセージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アギーレ監督に与えられた思わぬハンデ:

« 今やるか、後でやるか | トップページ | マクドナルドが全店禁煙にしたことにより伝えたい本当のメッセージ »