« ずっと勝ち残るだけが道ではない。 | トップページ | 数字と抽象的な言葉に注意 »

2014年6月21日 (土曜日)

ギリシャ目線での日本ーギリシャ戦~1戦目の結果は、日本とギリシャで対等なものではなかった~

スコアレスドローに終わった日本ーギリシャ戦。いろいろ戦評は上がっていますが、どれも何か違う。
ということで、ギリシャ目線でこの試合を見てみました。
日本とギリシャ、共に初戦を落として後がないという点は同じ。むしろ、初戦で大敗しているギリシャの方が状況は深刻です。
ギリシャの得意戦術は堅守速攻。日本はどうしても勝ちたいので前がかりになる。そこを突いてカウンターで先制できれば、後は守ってカウンターの繰り返しで複数得点も見えてくるというのがギリシャのシナリオ。
日本のポゼッション、ギリシャはゴール前でこれを跳ね返すという構図は計算内。しかし、前半中に、ワントップが負傷で交代し、守備の要のキャプテンが退場してしまいました。
ここで、状況を再計算します。「仮にこの試合引き分けた場合」ギリシャがグループリーグを勝ち抜く条件は、コートジボワールに勝ち、日本がコロンビアに引き分け以下(厳密な得失点差は除外)。
後者の確率が低いことを考えると、1人少ない状況でリスクを犯してこの試合を勝ちにいくより、この試合では確実に勝ち点1を拾い、万全の状態でコートジボワールに勝ちに行く方が得策。
・・と、ギリシャはこう考えて、この試合引き分けで良し。コートジボワールに勝てば勝ち抜けだ。と考え、リスクを犯さず、引き分けで満足の展開に持ち込んだと思われます。
この観点をふまえると、ギリシャは計算通りに勝ち点1を得、ギリシャが勝ちにくるとふんでいた日本には計算外のギリシャの戦術に戸惑い、思い切って攻めきれない結果となるのは必然でした。
さらに言えば、日本は、3戦目、ギリシャがコートジボワールに勝つなら、コロンビアに1点差勝利で決勝トーナメントに進めます。
しかし、日本が想定しなければならないのはそのケースばかりではなく、ギリシャとコートジボワールが引き分けたとき、日本はコートジボワールとの得失点差・総得点差の勝負となるため、2点以上の得点が必要になります。
そうすると、日本がコロンビアに対してとることのできる戦術は限定され、ますます日本がコロンビアに勝てる確率は下がります。ここまで読んでのギリシャの選択であったならば、脱帽せざるをえないでしょう。
このように見ると、キャプテンが退場した時点でギリシャが引き分け狙いに来ることは、当然の帰結で、後半開始からもっと大胆に前がかりに攻めるべきだったのでは、という指摘は可能ですが、これはもう終わった話。
ギリシャの計算は、日本がコロンビアに勝てないだろうという前提のもの。では、日本がコロンビアを倒して見返してやればよいのです。
3戦目のハーフタイム。ギリシャーコートジボワールが同点の中、日本がコロンビア相手にリードしているという情報が入れば、ギリシャもコロンビアも相当焦るはず。
ギリシャが、キャプテンの退場で方針が固まったように、日本も今日の試合でコロンビア戦の方針がかたまりました。
2点差以上で勝ち、できれば前半でリードする、です。
8年前のドイツW杯ブラジル戦では、同じように逆転決勝トーナメントのシナリオが限定された中で、ブラジル相手に先制しましたが、後はボロボロでした。
その試合もふまえ、コロンビア戦で日本代表がどのように戦うのか、非常に注目です。

|

« ずっと勝ち残るだけが道ではない。 | トップページ | 数字と抽象的な言葉に注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャ目線での日本ーギリシャ戦~1戦目の結果は、日本とギリシャで対等なものではなかった~:

« ずっと勝ち残るだけが道ではない。 | トップページ | 数字と抽象的な言葉に注意 »