« ゆるく生きたい | トップページ | リスク判断を自分でしたうえで、1歩上の判断を目指そう! »

2014年6月16日 (月曜日)

「何をしてよいかわからない」状態に陥れる

サッカーW杯のコートジボワール戦。日本の持ち味を出せた場面が少なく大変内容の良くない試合でした。
そのような苦しい試合展開の中、本田選手のゴールで先制した後しばらくの間、コートジボワールのディフェンスはかなり混乱していました。
「何をしていいかわからない」という表情で、続いて内田選手にも決定的な突破を許します。
雨のピッチを考慮して、90分のペース配分を考えたのでしょうが、できればここで一気にたたみかけたかった。
その後、コートジボワールが体制を立て直し、同点に追いつくと、失点の原因となった
「長友選手が最終ラインに吸収された時に誰がその前のスペースをカバーするか」について明確な意思統一のできないまま試合を再開し、同じようなかたちで失点。
すると、今度は日本が「何をしてよいかわからない」混乱状態に陥ってしまいました。
勝負事の鉄則として、相手の弱点をしっかり突き、それに対してどう対処すればわからない状態に陥れること
そのタイミングを逃さずしっかり仕留めること
が、非常に大事だということがよくわかる試合でした。
次のギリシャ戦では、本来の日本サッカーを披露できることが何より大事ですが、監督が問題点に速やかに指示を出せるか、監督の指示のない場合、選手間のコミュニケーションでこれをカバーできるか、この点が非常に大きなポイントとなることは間違いないでしょう。

|

« ゆるく生きたい | トップページ | リスク判断を自分でしたうえで、1歩上の判断を目指そう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「何をしてよいかわからない」状態に陥れる:

« ゆるく生きたい | トップページ | リスク判断を自分でしたうえで、1歩上の判断を目指そう! »