« 「ベストな選択」はないのだから | トップページ | やりたいことばかり進んでする人の扱い方 »

2014年6月28日 (土曜日)

エネルギッシュな人材が貴重

チームで飲み会を開くにあたり、定期的に集まっている仲間同士であれば設営は簡単ですが、そうでない場合、なかなか開催が実現しないことがしばしばあります。
新しいメンバーを迎え入れたらとりあえず歓迎会、と、誰もが考えるはずなのですが、「歓迎会やりたいね~、やろうね~」と言っていても、実現しないのは率先して幹事を引き受ける人がいないケースが多いのではないでしょうか。
飲み会くらい気軽に開催すればよいのですが、それすら結構なエネルギーを必要とするのが現在の実情なのです。
なぜ、飲み会の開催にもエネルギーを要するようになったかはよくわかりませんが、「参加者が集まらないと寒い」「幹事をすると自分がなかなか楽しめない」「費用や設営について後でごちゃごちゃ言われるのが鬱陶しい」といった考えが先に出るのかもしれません。
そういうわけで、チームの親睦を深めるために必要な飲み会は、率先して幹事を引き受けるエネルギッシュな人がいれば当たり前のように開催される反面で、こうした人材がいなければいつまでたっても開催せず、やがて「別に飲み会だけが親睦の場じゃないしね」と、諦めと開き直りに至ってしまいます。
今所属している団体で、満足のいく内容・回数の宴会が開催されている場合、それは率先して幹事を引き受ける人のおかげで、その方に大変感謝すべきでしょう。
そうでない場合、いつまで待っても宴会は開催されないため、思い切って自分が率先して手を挙げてみてはどうでしょうか。失敗してもエネルギッシュに活動するためのヒントが得られるかもしれません。
当たり前のようで見落としがちなこの事実。今一度しっかり見返して、自分の立ち位置を考えていったほうが良さそうです。

|

« 「ベストな選択」はないのだから | トップページ | やりたいことばかり進んでする人の扱い方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エネルギッシュな人材が貴重:

« 「ベストな選択」はないのだから | トップページ | やりたいことばかり進んでする人の扱い方 »