« グループに仕事を投げてみてわかること | トップページ | 駅近から駅地下へ »

2014年4月 3日 (木曜日)

自分の思う通りに動かそうとするのではなく

よく、社長や、団体のリーダー(特にあまりうまく動けていない団体)がこぼす愚痴に、「どうすれば、部下は俺の言う通りに動いてくれるのか」というものがあります。
私はあまり口に出して結論を突きつけはしないものの、この課題の結論ははっきりしています。
「他人を言う通りに動かす方法などないし、その考えはおこがましい」
リーダーたるもの、部下をうまく動かして、団体として最大の功績をあげるよう導くことが大事な評価要素となります。しかし、それは、自分が勝手にストーリーを描いて、そこに部下を計算通りに踊らせることではありません。
大事なことは、やる気のない部下にやる気を出させ、自発的な活動を呼び起こすこと。
一人ひとりやりたいこと、できることは違います。その中で、部下にやりたいこと、できることを自発的にできる限りやってもらい、上司はその後残った残務を処理するというのがもっとも合理的で、計算が立ち、団体の活動を最大化する方法です。
他人を自分の思うように動かそう、などと思っている時点でリーダー失格で、大した功績は残せません。
他人を思うように動かすことはできないが、やる気にさせることまではできる、これをふまえて、チームをどう導くか計算していくのがリーダーの役割なのでしょう。

|

« グループに仕事を投げてみてわかること | トップページ | 駅近から駅地下へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の思う通りに動かそうとするのではなく:

« グループに仕事を投げてみてわかること | トップページ | 駅近から駅地下へ »