« 大学スポーツの選手は「労働者」か? | トップページ | 自分の思う通りに動かそうとするのではなく »

2014年4月 2日 (水曜日)

グループに仕事を投げてみてわかること

複数の人間が所属するグループに、一定の仕事を投げ、「うまく分担してやっておいて」と依頼することは結構あると思います。そして、そのこなし方で各構成員の資質が結構見抜けます。
まず役割分担をするためにリーダー的な役割を担う人が必要で、これを自発的に引き受ける人は有望株です。
しかし、コミュニケーションが下手な人間がこの役割を担うとチームがうまく機能せず、リーダー的な役割を引き受ける人には、その素質と個人的な資質を垣間見ることができます。
次に注意すべきは、中核的な仕事をしている人、質の高い仕事をしている人を見逃さないこと。
中核的な仕事は、自然とチームの中で一番能力の高い人に任されがちで、また、同じ仕事をしていても質の違いは必ずあるため、こうした点から「誰が能力が高いのか」しっかり見極めることができ、また見極めておくべきでしょう。
最後に、影でさぼっている人を見逃さないこと。
グループとして与えた仕事を完遂してくれればよい、で終わらず、グループの中で力を発揮できなかった人、影でさぼっている人をしっかり見極め、以降のチャンスを減らすことも大事です。
このように、グループに一定の仕事をざっくり投げてみても、その構成員のことが結構いろいろわかるもので、それをしっかり見極めて、以降の役割分担につなげていくことがとても有用だと思います。

|

« 大学スポーツの選手は「労働者」か? | トップページ | 自分の思う通りに動かそうとするのではなく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グループに仕事を投げてみてわかること:

« 大学スポーツの選手は「労働者」か? | トップページ | 自分の思う通りに動かそうとするのではなく »