« 1階上、2階下へは階段を使う | トップページ | 発注に適合しない仕事 »

2014年2月13日 (木曜日)

オリンピック1大会が全て?シーズントータル重視?

ソチオリンピックで、日本勢は苦労しながらようやく最初のメダルを獲得しました。
ウィンタースポーツは、ワールドツアー真っ最中の1大会がオリンピックの大舞台となり、調整が大変だと思います。
シーズンの中の1つの大会にすぎないオリンピックと、シーズントータルの優勝、どちらが優れているかと言われれば後者でしょう。
しかし、オリンピックで勝つということは名誉がけた外れで、おそらく金メダルを狙う選手の何割かは、オリンピック直前・直後の数試合を調整にあてて、この大会に臨んでいるのだと思います。
私はこうした考えは嫌いで、1つの大会に集中して勝てばよいというわけでなく、結果というものは、シーズン通じて試行錯誤しながら常に最善を模索し続けた最終の産物として現れるものだと思うので、オリンピックに照準を合わせてここだけ勝てばよいという風潮には違和感を感じます。
サッカーのW杯などは、その前のシーズンにベストを尽くした調子の上がっている選手が本大会で活躍しているように思います。
あくまで目標はシーズントータルでの優勝にあるべきですし、その優勝者が最も優れた選手。その継続的な活動の中で、シーズンの1大会にすぎないソチ大会にしっかり準備・調整し、ベストを尽くせた選手は、勝負である以上、計算通りにはいかなくとも、納得のいくパフォーマンスが出せるでしょう。
日本選手は、どうしてもオリンピックには弱く、シーズントータルでは活躍できる選手が多いです。
オリンピックの結果は残念ですが、取り組みはこれでよいと思います。
巨視的に考え、継続的な努力をする日本選手が脚光を浴びる日は必ずきます。
その日が来るのを期待しながら、今年のソチ大会を楽しみたいと思います。

|

« 1階上、2階下へは階段を使う | トップページ | 発注に適合しない仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック1大会が全て?シーズントータル重視?:

« 1階上、2階下へは階段を使う | トップページ | 発注に適合しない仕事 »