« 負けっぱなしで終わらない! | トップページ | 今年の漢字予想! »

2013年12月10日 (火曜日)

健全経営は安心

昨日に続き、京都サンガネタ。
目の前でJ1昇格を逃したものの、意外に悲観的な意見は少ないようです。
数年前なら、「昇格する」「降格しない」以上の価値観はありませんでした。
しかし、今のJリーグはライセンス制度があり、連続して赤字を出すとペナルティがあります。
例えば昨日昇格した徳島は、大幅な戦力補強をしなければJ1残留は困難でしょうが、これで残留に失敗すると多額の赤字を抱えてJ2に戻り、再昇格に時間がかかることになります。
現在J1にいるチームの中でも経営が厳しいチームはいくつかあり、どこかで大幅な人件費削減に踏み切らなければならない。そのタイミングを見誤ると、大幅な戦力ダウンの状態でJ2に行かなければならなくなります。
これから先のJリーグチームの勝ち組の条件は、(少額でも)黒字経営でJ1に残り続けられるチームです。
残念ながらJ2で2位に入れないチームが1年でこうなれるのかは疑問があります。それならば、今はじっと日本人選手を育成してチームの基礎を作り、J1に昇格できた時に若干名の大物補強で一気にJ1に残れるチームを作る、それが今の京都の目論見です。
昇格して大物補強して、降格して債務だけ残る、こうした苦労を積み重ねてきたチームだからこそ、今は我慢し、じっと健全経営の基礎を作り上げていることに安心しているからこそ悲観的な意見がそれほど多くなのだと思います。
私の考える懸念材料は2つ。
1つは今回おそらく監督が代わるであろうことから、これまでの地道な方針を転換してしまわないかということ。
もう1つは、若手育成システムが大分かたちになってきた段階なので、しっかり優秀な若手選手を試合に起用していく方針を固めるべきこと。
数年後、累積赤字・連続赤字でチームの規模縮小を余儀なくされるチームを横目に、J1に定着できるチームになってくれれば良い。そのためにはこのオフの判断は大きなポイントであると思います。

|

« 負けっぱなしで終わらない! | トップページ | 今年の漢字予想! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健全経営は安心:

« 負けっぱなしで終わらない! | トップページ | 今年の漢字予想! »