« FAは得? | トップページ | 引き分けるための覚悟 »

2013年12月 1日 (日曜日)

世代交代の手法はベテラン斬りしかないのか?

サッカーの世界で特に顕著ですが、どんどん選手を入れ替えて若返り、世代交代を進めていかなければ継続して好成績を残すことができません。
ですので、能力の落ちたベテラン選手から若手有望選手にうまくシフトチェンジしていくことがチーム運営の大きなポイントになります。
ところが、実際の現場では、ベテラン選手を引っ張るところまで引っ張り、頃合をみてコーチ待遇の提案、つまり引退勧告するケースが多いようにみえます。
衰えてもまだ選手としてプレーしたい選手はそのような提案を飲めるわけがなく、結果、長年貢献したチームを離れ、苦労して選手生活を続けることが多いです。
結局、大幅減棒で、ワンランク下のチームに移籍するなら、なぜそのままのチーム内で合理的に減給して引退まで迎えさせてあげられないのか。使える選手は使えるだけ使い、使えなくなったら直ちに放出、こういう考えは少なくとも日本では違和感が大きいのではないでしょうか。
生え抜きとしてチームに長年貢献してきた選手には、そのチームで引退してもらう、ただし、世代交代の必要性やチーム運営費の問題があるため、ピークをすぎた後は段階的に出場機会と年棒が落ちていく仕組みを作れば、本人の意に反してコーチ就任を求めることなく、チーム・選手ともに納得のいく結末が見えるのではないかと思います。
いつまでたっても同じようなベテラン選手ばかり試合に出てるチーム、ビッグネームにいきなりコーチ就任や大幅減棒を打診するチームは、それ自体が世代交代が進んでいないことの兆候で、数年後苦労しているのだろうと想像できます。

|

« FAは得? | トップページ | 引き分けるための覚悟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世代交代の手法はベテラン斬りしかないのか?:

« FAは得? | トップページ | 引き分けるための覚悟 »