« 海外移籍の移籍金 | トップページ | グリーン車の使い道 »

2013年12月27日 (金曜日)

未知の内容で請けるかどうか

今年は今日で仕事納めでした。
上半期はドタバタしたものの、下半期は落ち着き、100点満点はつけられないものの、落ち着いて自分に与えられた役割を果たせるようになった1年だったと思います。
少し長いスパンで見返してみて、弁護士資格をとったころは、できる・できないに関わらずとにかく与えられた仕事を我武者羅にこなしていました。
その後、事務所移籍を契機に、仕事を「請ける」ということの責任を重く感じるようになり、考え方が自分の能力できちんと対応できる仕事だけ請けるという方向に変わっていきましたが、このシフトチェンジがあまりよくなく、周囲に過小評価され、自分の能力でちょうどこなせる仕事を頼まれるケースが減ってしまいました。
そこから改めて、何でも頼まれたら請ける・請けたら必死でやる、という考え方に変えて頑張りましたが、今度は、「何を頼んでも快く引き受けてくれる」と周囲に思われ、ひどく負担の大きい、割に合わない仕事を頼まれることが増えていきました。
今年の上半期ドタバタしたのはその後遺症で、今年は、頑張ってできることは請けるが、過大な期待をする人や、背伸びして必死で頑張ったことに対して感謝の気持ちを示さない人など、あまりつきあうべきでない人からの要求はきっぱり断り、自分の身を守ることとし、なんとか下半期は落ち着いて自分のできることで貢献できる体制に立て直すことができました。
何かを請ける場合、どうしても未知の部分はあるでしょう。しかし、それを恐れていては成長できませんし、無視していては自分の身が守れません。
この点のバランスをしっかり意識しながら、来年はより自分を100%発揮できるよう頑張っていきたいと思います。

|

« 海外移籍の移籍金 | トップページ | グリーン車の使い道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未知の内容で請けるかどうか:

« 海外移籍の移籍金 | トップページ | グリーン車の使い道 »