« 有権者の責任 | トップページ | 健全経営は安心 »

2013年12月 9日 (月曜日)

負けっぱなしで終わらない!

国立競技場に、J2のプレーオフ決勝京都vs徳島を見に行きました。
先週、徹底した守りの意識が素晴らしかったという記事を書きましたが、もちろん90分ずっと守備するわけにはいかないので、押し込んでできれば先制点をあげたい、それが序盤の戦術でした。
そのプラン通り、前半の前半は終始敵陣でプレーし、チャンスも幾度となく作りました。ここまでの流れは非常に良かったのですが、コーナーキックから失点すると浮き足立ち、直後にはディフェンスラインの裏をとられて2失点目。こうなるともうお手上げです。
昨年に続き、J2リーグで3位という好成績をおさめながら、あと一歩届かず来年も京都サンガはJ2リーグを戦うことになってしまいました。
既に今シーズンが終了しているチームがほとんどの中で、来年の編成が遅れていることが懸念されますが、大事なことは負けっぱなしで終わらないこと。
よく「3回失敗したらあきらめよう」と自分で決めてしまったり、他人に諭されることがありますが、3回失敗しても前向きに4回目の成功目指して頑張ることが最善だと私は思います。
負けて終わったら、それまでの努力が報われないことが確定してしまうのです。
「多分成功しないけれど、成功したら儲けもの」という気分で取り組んだ事なら諦めてもよいでしょうが、本気で成功を目指して取り組んだことに対しては、何度失敗してもしっかり足りない部分を振り返り、それを補い、次の成功を目指す、その継続性の1択です。
負けは悔しいし、1年は長い、しかし、今までやってきたことは無駄ではない、それを示すために、負けっぱなしで終わらずそれまでの方針を継続して次の勝利を目指すべきでしょう。
3回失敗したら諦める、それは本気で成功を目指した努力をしていないからこそ考えられる選択肢。一度目標を定めたら、その達成まで断固戦い抜く、目標達成が遅れても、その間、着実に成長し、目標達成時に必ずその苦労が糧になっていると信じ、継続してトライすることが大事だと思います。

|

« 有権者の責任 | トップページ | 健全経営は安心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けっぱなしで終わらない!:

« 有権者の責任 | トップページ | 健全経営は安心 »