« 野菜麺では利益は出ない? | トップページ | 中途半端な法律知識と屁理屈 »

2013年9月14日 (土曜日)

「すぐ人に聞く」も善し悪し

仕事の最中に、他人から話しかけられたり、別の仕事を切り出されたりすると、仕事の効率が落ち、ミスも増えるという統計があります。
仕事で何かわからない事があったとき、すぐ近くの同僚に聞いてリカバリーするというのは、社会人として必要なスキルです。
しかし、それにより、質問された側にはリスクが生じ、オフィス全体としては得しているかどうかはっきりしません。
仕事中に雑談を持ちかける社員は、職場の雰囲気を作っているようで、間違いなく、オフィスにマイナスをもたらしているといえるでしょう。
こうした問題点に備えるため、社員の職場環境をしっかり整える企業では、仮眠室や、雑談スペースを設け、仕事の効率の落ちた人はそのスペースで回復をはかり、職務スペースでは職務に専念すべきとする環境を作っています。
わからないことをすぐ同僚に聞ける社員は、そうでない社員よりも優秀ですが、必ずしもチームにプラスをもたらすとは限らない。
近くに座っていながら、社内電子メールで、報告や相談をするのは、一見異様なようで、質問された側の仕事に配慮したテクニックである。
明るい話題でよくしゃべる社員は、企業のお荷物である。
・・という側面もあることも意識してバランスよくオフィスの環境作りを進めなければいけないことがよくわかります。

|

« 野菜麺では利益は出ない? | トップページ | 中途半端な法律知識と屁理屈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「すぐ人に聞く」も善し悪し:

« 野菜麺では利益は出ない? | トップページ | 中途半端な法律知識と屁理屈 »