« 勝てる相手に勝つ力 | トップページ | 入りが大事 »

2013年8月23日 (金曜日)

ルールと運用

高校野球が今年も終わりました。
高校野球で今年注目を集めたのが、花巻東高校の勝つための様々な工夫。
カット打法や、サイン連絡疑惑など、賛否両論ありますが、勝つために様々な工夫をこらしていました。
バントによるファールは空振り扱い
サイン盗みは禁止
これがルールで、そのルールの是非についていろいろ意見が出ていますが、ルールである以上守らなければならないでしょう。
問題はその運用。
バント打法に近いからやめなさい
サイン盗みと疑わしいからやめなさい
1戦必勝の戦いの中で、主審の主観的な判断で、ルールの枠を広げすぎたり、狭めすぎると大きな問題ではないかと思います。
今大会は任意の指導で話はつきましたが、それで解決したと思わず、カット打法や、サイン盗み疑惑行為について、できる限り客観的な基準で進行判断ができるよう、審判団は検討を進めておかなければならないと思います。

|

« 勝てる相手に勝つ力 | トップページ | 入りが大事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルールと運用:

« 勝てる相手に勝つ力 | トップページ | 入りが大事 »