« 日米球界双方の思惑 | トップページ | 喫茶スペースに必要なものは何? »

2013年8月18日 (日曜日)

流れを止めない

高校野球の花巻東VS済美を見ました。
延長10回に4点をとられ、敗色濃厚な済美でしたが、エースのひと振りで1点差に詰め寄り、続く打者も幸運なポテンヒットで、ノーアウトランナー1塁。
流れは確実に済美に来たかに思われました。
しかし、続く打者がバント失敗して、ワンナウト1塁に。これで流れがとまったら後は早く、続く打者があっけなくダブルプレーで終了しました。
この流れ、どこかでみた記憶が・・と思い、記憶をたどると、2008年の常葉菊川vs智弁和歌山が同じような展開でした。
11点差で負けている智弁和歌山が驚異的な追い上げを見せ、3点差につめよってなお、ノーアウトでヒットが続く展開、歴代最高の大逆転劇が起こるかと思い、会場も異様な空気に包まれましたが、続く打者の一二塁間を抜けるヒット性の当たりをセカンドが超美技でアウトにすると、続く4番打者もあっさり打ち取られ、大逆転劇ならず、という試合でした。
大きな流れを作るのは難しいですが、止めるのは簡単です。
大きな流れができそうなとき、つい冷静に安全策を計算しがちですが、攻める側は、大きな流れをとめてしまう策を採用しない、守る側は、流れを止めるにはどうすればよいか考える、ことが大事なのだとわかります。
行動に計画性と計算は必要ですが、大きな流れは、計画や計算でできたものではないので、そこには余計なことはさしはさまず、流れにみをまかせてこれを止めないことが大事なのだと思います。

|

« 日米球界双方の思惑 | トップページ | 喫茶スペースに必要なものは何? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流れを止めない:

« 日米球界双方の思惑 | トップページ | 喫茶スペースに必要なものは何? »