« 結局教育水準の問題ではないか | トップページ | ルールと運用 »

2013年8月22日 (木曜日)

勝てる相手に勝つ力

今年の高校野球は、強豪校が次々と敗れ、波乱だと言われています。
甲子園の本番では、このように、格上の強豪をバッタバッタと倒していくチームと、格下には勝てるが、格上には歯が立たないという地方レベルの強豪校が必ずいます。
おそらく、ほとんどの学校で教えているのは後者の戦い方で、評価されるのも後者でしょう。
格上のチームを倒すジャイアントキリングは、観客の目からすれば楽しいものですが、決して狙ってできることでも、狙うべきものでもありません。
むしろ、勝てる相手にしっかり勝つ練習をし、その先に時々訪れるチャンスだととらえるべきです。
強豪校を倒したチームは称賛されますが、いつも弱いチームには勝てるのに、強豪校とあたると歯が立たないチームには、観客やOBから厳しい声が飛びがちです。
しかし、後者のチームのやり方は決して間違っていませんし、その路線で継続して努力を続ければきっと、そのうち大きなチャンスに恵まれるでしょう。
強豪校を倒しても、上位回戦で格下に負けたら失敗
強豪校を倒せなくても、勝てる相手にしっかり勝てれば成功
そういう目で私は高校野球を見ています。

|

« 結局教育水準の問題ではないか | トップページ | ルールと運用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝てる相手に勝つ力:

« 結局教育水準の問題ではないか | トップページ | ルールと運用 »