« 与えられたものを大切にしているか | トップページ | 規則正しい生活は健康的か? »

2013年5月12日 (日曜日)

投手は大変?

今年のプロ野球は、新人投手が豊作で、例年にないペースで新人が勝ち星を上げ続けています。
投手は打者に比べて採用枠も多く、起用も早いので、野球をするなら投手を目指せと、多くの指導者はアドバイスしているでしょう。
しかし、打者では、2000本安打達成選手がどんどん出てきているにもかかわらず、投手の200勝達成は最近ほとんどありません。
それどころか5年連続で10勝をあげることも困難になっています。
打者はプロの球を打てるようになるまで時間がかかりますが、レギュラーをとってしまえば、長く起用されるのに対し、投手は怪我も多く、競争も厳しいので少し成績を落とすとすぐにローテーションから外れてしまうことなどから、なかなかコンスタントに結果を出しにくいという問題があるのでしょう。
試合数は増えているのに、飛びぬけた勝ち星の投手がいなくなったことは、投手のレベルが拮抗し、大きな差のないところで多数の投手がひしめいているということです。
監督は、固定ローテーションにこだわらず、調子の良い投手を使っていくこと、投手は怪我と不調に留意し、できる限りコンスタントに結果を出せる下地を固めていくことが大事なのだろうと推察します。
ファンの側からは、予告先発が著名な選手でないと少しガッカリしますが、代わりに先発する選手は著名選手に近いレベルの選手であることは間違いなく、予告先発投手の知名度に関わらず、安定した試合を見ることができる点は安心できるところでしょう。

|

« 与えられたものを大切にしているか | トップページ | 規則正しい生活は健康的か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 投手は大変?:

« 与えられたものを大切にしているか | トップページ | 規則正しい生活は健康的か? »