« 労働の対価にノーと言おう! | トップページ | 知識と思考力 »

2013年5月 9日 (木曜日)

発言できる会議

発言の機会のない退屈な会議に出席し・・・と、よく年配の窓際族が嘆いています。
このような発言の機会のない者を会議に出席させるのは労使ともに不利益です。
この状態を打開すべきなのはまずは、出席者の側です。
熱意を持って業務に取り組んでいたら必ず意見や質問があるはずで、特に何も意見も質問もないというのは、熱意が足りない証左です。
しかし、出席者は熱意をもって取り組み、内容をよりよくするアイディアを出しうるにも関わらず、主催者側の対応がまずいためにそのチャンスを逸している場合も多いでしょう。
良いアイディアを出してもこれ以上昇進できないのであれば、その人に熱意をもって最善の業務を求めるには限界があります。
また、最初から一部の参加者には発言権を与えないような会議運営をしていては、ただの人件費の無駄遣いとしかいいようがありません。
会議に出席する者は熱意をもって必ず何か発言する、主催者側は謙虚に全参加者の自由な意見を受ける体制を用意する、「発言できる会議」を設営することは人件費の無駄を省き、より良いアイディアを得る二重の利点があることをしっかり意識した活動が大事だと思います。

|

« 労働の対価にノーと言おう! | トップページ | 知識と思考力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発言できる会議:

« 労働の対価にノーと言おう! | トップページ | 知識と思考力 »