« 詐欺を食い止めるストッパー | トップページ | 仕入れ規制 »

2013年4月22日 (月曜日)

反対意見を理屈で整理する

リーダー格の人が何かを選択し、行動する際には反対意見がつきものです。
ただ、全て完璧にこなせるという人は少なく、人によってできること、できないことがあります。
リーダーに意見する側の人は、ただ単に何かができていないという点を挙げて不満を述べるのではなく、プロジェクトをよりよくしていくためにポイントをついた反対意見を述べる必要があるでしょう。
逆にリーダーの人は、こうした反対意見をしっかり聞き入れるべきです。
完璧な意見や方向性がない以上、他人の反対意見には何らかの、プロジェクトをよりよくするヒントがあるはずで、それを謙虚に受け入れて前向きにブラッシュアップしていくことがリーダーにまさに求められます。
裏を返して考えると、他人の意見を受け入れない場合、きちんと受け入れられない理屈が立っているか検証することが大事で、理屈が立たず他人の意見を却下しているのであればそれは感情論で、リーダーとしてとってはならない方向性です。
結局、何かをよくしようとする気持ちは立場に関わらず必要で、そのためには私情を持ち込んではいけないということ。
プロジェクト遂行の間はクールに理屈で最善を求め、感情は打ち上げで発散するという意識を徹底しなければならないと感じます。

|

« 詐欺を食い止めるストッパー | トップページ | 仕入れ規制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反対意見を理屈で整理する:

« 詐欺を食い止めるストッパー | トップページ | 仕入れ規制 »